COLLECTIONS

BARTON PERREIRA

LA発、MADE IN JAPAN、伝統的な技法に裏打ちされた革新的技術と最上級の素材を駆使したバートンペレイラのアイウェアはデザイン、アート、ファッション、エンターテインメントの専門知識を引用しながら、既存の価値観に挑戦し続けています。

The brand was established in 2007 by Bill Barton (CEO of Oliver Peoples) and Patty Perreira(designer of the company and for many collections of Prada, Miu Miu, Jill Sander, Helmut Lang, Paul Smith and Vera Wang), and since then it’s been redefining style and elegance. Designed in L.A. and 100% hand-made in JAPAN. The brand represents a new time, independence, quality and culture, challenging conventional sense of values with her expertise on design, art, fashion and entertainment.

MORE

BJ CLASSIC COLLECTION

丹念に磨き込まれたセルロイドの鈍く奥深い輝き、限られた作り手しか差し込む事ができない特徴的な星型のカシメピン、スウェージングやプレス工程を何度も施して成形されたチタンパーツなど、福井県鯖江市の眼鏡職人の手による徹底的なこだわりによってブランドのアメリカンクラシックへの憧憬が惜しみなく表現されています。

The deep, dark glow of elaborately polished celluloid, the distinctive star-shaped pins that can only be caulked by selected craftsmen, the titanium parts made by repeated processes of swaging and pressing....
The thorough dedication by the craftsmen in Sabae, Fukui, shows their strong adoration to American Classics.

BuddyOptical

〈Buddy〉とは英語で親友や相棒を意味し、とても近しい存在を表します。 また、眼鏡とロックの親和性を説き、ジョン・レノンに眼鏡を掛けてギターをかき鳴らす勇気を与えたという偉大なるバディ・ホリーの名でもあります。

With “Buddy” in its name, the brand intends eyewear to be your close friend or partner.The name also suggests the great musician, Buddy Holy who preached compatibility of spectacles and rock’n’roll,and inspired John Lennon to play the guitar wearing glasses.

CASANOVA and TAXI

カサノヴァが華々しく世界に登場したのは1980年代後半でした。 その圧倒的なデザインや目を引く色使いで当時の眼鏡店のウィンドウディスプレイはカサノヴァ一色だったと言われています。
生産が終了している今日においてもアートをこよなく愛する世界中のコレクターたちを虜にしているのがカサノヴァとそのセカンドラインのタクシーです。

“CASANOVA” glasses made a spectacular appearance on the international stage in the late 1980’s. With their overwhelming designs and bold colors, the series became a dominant display in every optician’s window of that time.
Even after the end of production, “CASANOVA” and its second line, “TAXI” keep fascinating the art-loving collectors the world over.

CUTLER AND GROSS

〜ハンドメイドのアイウェアを買った時、細部の欠点を探しませんか。その雑味こそが個性を纏い、ユーザーを引き立たせるのです。
カトラーアンドグロスの顧客は常に個性的なのです。変わり者なだけかもしれませんが、少なくとも希少な人であることは間違いありません。〜 

グラハム・カトラー

“If you buy a handcrafted pair of glasses or sunglasses, you want to see the tiny inaccuracies, the straight, raw edges of the plastic, the pins - they give character, make them unique to the wearer. The Cutler and Gross customer has always been an individual. Eccentric maybe, but a rare breed, certainly.”

- Graham Cutler

MORE

DITA

生産に携わる日本の眼鏡職人を武家社会における刀鍛冶に例え、丹念に時間をかけて一振りの名刀のように仕上げるディータのアイウェア。
逸品を仕上げるのに決して近道など存在しないことを彼らは知っています。

Their eyewear is like a Samurai’s sword.
It is made by Japanese eyewear manufacturers, as if a swordsmith in a feudal era carefully forged a fine piece, taking time. DITA, too, knows there is no shorter way to create a masterpiece.

MORE

EYEVAN

1972年に“着るメガネ”をコンセプトにスタートしたアイヴァン。
一世を風靡し、ファッションとしてのアイウェアの価値観を定着させたブランドが活動休止期間を経て満を持しての復活です。

EYEVAN started in 1972 with its concept, “Eyewear for dressing as a fashion item”.Making a world debut, it became rage of the time and convinced people of the value of eyewear in fashion.After a break, the brand has resumed its long-awaited activities.

MORE

EYEVOL

着る眼鏡をコンセプトにEYEVANのデザインチームが手がけるジャパンメイドスポーツサングラス。
アクティブなご用途だけでなく、タウンユースにも活かせる気軽な装着感はシーンを問いません。

Their concept is “Wear glasses like clothes”. They are Japan-made sports sunglasses by EYEVAN design team. With its good casual feel at wearing, the eyewear can be used at any scene by anybody who enjoys fashion, sports, outdoor activities etc.

ic!berlin

ネジ無し、溶接なし。
0.5mmのステンレスシートで構成されているため、羽のように軽量。 特殊構造のヒンジは組み立てる際に工具を必要としません。 既存の価値観を覆してきたアイシーベルリンはドイツが生んだシートメタルのパイオニアです。

No screws and no welding.
Light as a feather, with its 0.5mm stainless sheet body. The specially structured hinges don’t require any tool for assembly. The German maker, ic!berlin is a pioneer of sheetmetal, having been overturning the conventional sense of values.

MORE

JACQUES MARIE MAGE

ジェローム・マージュはロスにスタジオを構え、審美眼と巧みな表現力でベルエポック、アールデコ、アメリカンフォークからの影響を伺わせる小ロット限定生産のコレクションを発表しているデザイナーです。

Jerome Mage is known for his keen eye and sartorial flair, based on L.A. Mage’s latest venture, Jacques Marie Mage (J.M.M.), is a small-batch, limited-edition eyewear collection that reflects the designer’s matured vision and refined aesthetic vocabulary, one that boldly reconfigures influences ranging from Art Deco to American Folk to La Belle Époque.

MORE

JULIUS TART OPTICAL ENTERPRISE

創立者ジュリアス・タートの意思を継ぎつつ、残された膨大な資料を元にTART社のモデル群が日本の職人たちの手によってリアルに復元されていきます。
TARTは現代に甦り、完結したかに思えたストーリーのその先を私たちは見ることが許されたのです。

Succeeding the great work of the founder, Julius Tart, and based on the enormous materials left, Japanese craftsmen have been working on the realistic recovery of the TART models. TART has come back to the present and now we’ve been allowed to see the next story that was once recognized to have ended.

NATIVE SONS

ネイティブサンズはアパレルブランドNEIGHBORHOODの滝沢伸介氏と日本でディータを率いたタミー・オガラ氏の二人が共同で始めたブランドです。
ハンドドローイングで描かれ、日本の職人の手によって具現化される彼らのアイウェアは紋切り型でない作り手たちの工業デザインに対する穏やかな反骨心を見事に表しています。

Shinsuke Takizawa of “Neighbourhood”, and Tommy O’Gara, a former leading designer of DITA Japan, have jointly established this brand. Refusing stereotype, their designs, hand-drawn and materialized by Japanese craftsmen, splendidly represent a calm spirit of defiance to industrialized products.

SHADY CHARACTER

シェイディーキャラクターはかの”TartOptic社”に製造を依頼する形で70年代にマンハッタンでスタートしました。
2018年、アイウェアブランドネイティブサンズを手掛けるタミー・オガラ、ザ・ブラック・キーズのビジュアルを手掛けるマイケル・カーニーという異色のデザインチームで再始動しています。

Shady Character originally started in Manhattan in the 70s, consigning the production to the noted “TartOptic”.
In 2018, the brand was revived by a unique artist team: Tommy O’Gara, the designer of Native Sons as the brand director and Michael Carney, the artist of The Black Keys as the design director.

THIERRY LASRY

フランス人デザイナー、ティエリーラスリーはオプティシャンを父に、アイウェアデザイナーを母に持ち、極めて高い創作環境の中で育ちました。
彼は自身の名を冠したサングラスラインを2006年後半に展開し始めます。
フューチャリスティックヴィンテージをコンセプトに掲げ、"驚くべき創造的時代"と本人が位置づける80年代を主としたヴィンテージから得るインスピレーションを、モダンで前衛的なタッチと融合させます。
イタリア、マツケリー社のアセテート生地を採用したフロントは特徴的なフラットデザイン。
その生産工程はサングラスというよりもまるで彫刻作品を作っているようだと言われています。
そして、ORGASMY, SLUTTY, SEXXXY …というようにすべての品番はデザイナーの姓名と同じように”Y”で終わるよう名付けられています。
彼の生みの親としての愛情とユーモアが伝わるエピソードです。

French designer, Thierry Lasry, grew up in a highly creative environment with an optician as his father and an eyewear designer as his mother. He started to develop a line of sunglasses featuring his own name in late 2006. “Futuristic Vintage” as the brand concept, he has fused a modern, avant-garde touch and the inspiration from the vintage models in the 80s that he regards as “incredibly creative period”.
The sunglasses are all flat-fronted made of acetate. They only use the material manufactured by an Italian company, Mazzuchelli. Their manufacturing process is more like creating sculptures than regular sunglasses making.