COLLECTIONS

AKONI
アコニ

人生の中では価値観、キャリア、目標が明瞭になる瞬間があります。バリューとプライスの違いを理解した時、自分自身のスタイルを確立した時、根底にあるものを見分ける目を養った時。
まさに永続的なエレガンスを生む瞬間です。
それこそがアコニの真価に触れることができる瞬間です。
受け継がれる芸術性、技術的なブレイクスルー、この2つをシームレスに融合させることがアコニの目標であり、
以前/以降で語られるような変革者や壮大なスケールを感じさせるビジョナリーをインスピレーション源としています。
ただ世の中の美しさを見る手助けをするだけでなく、自身の内側にある美しさを世界が目撃できるようにするのがアコニのアイウェアです。

Most of us arrive at a moment in our lives when values, career and goals become more clearly defined, when we attain and understanding of the difference between value and price, when we’re sufficiently self-assured to celebrate our own distinctive style and we’ve grown discerning enough to recognize the the underlying qualities that create long-lasting elegance.That’s the moment when one can truly appreciate AKONI and its distinctive design, values and qualities.AKONI EYEWEAR aims to seamlessly blend the best of artistic heritage and technical breakthroughs, while always seeking inspiration from visionaries who forever changed the way we see and experience the universe.“We know that our AKONI EYEWEAR creations are not only helping others see more clearly the beauty of this worldthey are also helping to make it possible for the world to witness the beauty that each of us sees inside ourselves"

MORE

BARTON PERREIRA
バートン ぺレイラ

LA発、MADE IN JAPAN、伝統的な技法に裏打ちされた革新的技術と最上級の素材を駆使したバートンペレイラのアイウェアはデザイン、アート、ファッション、エンターテインメントの専門知識を引用しながら、既存の価値観に挑戦し続けています。

The brand was established in 2007 by Bill Barton (CEO of Oliver Peoples) and Patty Perreira(designer of the company and for many collections of Prada, Miu Miu, Jill Sander, Helmut Lang, Paul Smith and Vera Wang), and since then it’s been redefining style and elegance. Designed in L.A. and 100% hand-made in JAPAN. The brand represents a new time, independence, quality and culture, challenging conventional sense of values with her expertise on design, art, fashion and entertainment.

MORE

BuddyOptical
バディ オプティカル

〈Buddy〉とは英語で親友や相棒を意味し、とても近しい存在を表します。 また、眼鏡とロックの親和性を説き、ジョン・レノンに眼鏡を掛けてギターをかき鳴らす勇気を与えたという偉大なるバディ・ホリーの名でもあります。

With “Buddy” in its name, the brand intends eyewear to be your close friend or partner.The name also suggests the great musician, Buddy Holy who preached compatibility of spectacles and rock’n’roll,and inspired John Lennon to play the guitar wearing glasses.

MORE

CASANOVA and TAXI
カサノヴァ アンド タクシー

カサノヴァが華々しく世界に登場したのは1980年代後半でした。その圧倒的なデザインや目を引く色使いで当時の眼鏡店のウィンドウディスプレイはカサノヴァ一色だったと言われています。
生産が終了している今日においてもアートをこよなく愛する世界中のコレクターたちを虜にしているのがカサノヴァとそのセカンドラインのタクシーです。

“CASANOVA” glasses made a spectacular appearance on the international stage in the late 1980’s.With their overwhelming designs and bold colors, the series became a dominant display in every optician’s window of that time.
Even after the end of production, “CASANOVA” and its second line, “TAXI” keep fascinating the art-loving collectors the world over.

MORE

CUTLER AND GROSS
カトラー アンド グロス

〜ハンドメイドのアイウェアを買った時、細部の欠点を探しませんか。その雑味こそが個性を纏い、ユーザーを引き立たせるのです。
カトラーアンドグロスの顧客は常に個性的なのです。変わり者なだけかもしれませんが、少なくとも希少な人であることは間違いありません。〜 

グラハム・カトラー

“If you buy a handcrafted pair of glasses or sunglasses, you want to see the tiny inaccuracies, the straight, raw edges of the plastic, the pins - they give character, make them unique to the wearer. The Cutler and Gross customer has always been an individual. Eccentric maybe, but a rare breed, certainly.”

- Graham Cutler

MORE

DITA
ディータ

生産に携わる日本の眼鏡職人を武家社会における刀鍛冶に例え、丹念に時間をかけて一振りの名刀のように仕上げるディータのアイウェア。
逸品を仕上げるのに決して近道など存在しないことを彼らは知っています。

Their eyewear is like a Samurai’s sword.
It is made by Japanese eyewear manufacturers, as if a swordsmith in a feudal era carefully forged a fine piece, taking time. DITA, too, knows there is no shorter way to create a masterpiece.

MORE

EYEVAN
アイヴァン

1972年に“着るメガネ”をコンセプトにスタートしたアイヴァン。
一世を風靡し、ファッションとしてのアイウェアの価値観を定着させたブランドが活動休止期間を経て満を持しての復活です。

EYEVAN started in 1972 with its concept, “Eyewear for dressing as a fashion item”.Making a world debut, it became rage of the time and convinced people of the value of eyewear in fashion.After a break, the brand has resumed its long-awaited activities.

MORE

EYEVOL
アイヴォル

着る眼鏡をコンセプトにEYEVANのデザインチームが手がけるジャパンメイドスポーツサングラス。
アクティブなご用途だけでなく、タウンユースにも活かせる気軽な装着感はシーンを問いません。

Their concept is “Wear glasses like clothes”. They are Japan-made sports sunglasses by EYEVAN design team. With its good casual feel at wearing, the eyewear can be used at any scene by anybody who enjoys fashion, sports, outdoor activities etc.

MORE

Haffmans & Neumeister
ハフマンスアンドノイマイスター

アイウェアにおける包括的な史学的研究を下地に、現代における素材、設計、製造の観点からアイウェアを再構築した場合、どういうものが生まれるか?
彼らは審美的でシンプル、軽くて物理的にかけ心地のよいシートメタルアイウェアという結論に至りました。
それぞれのモデルは歴史を、そして日常への賛辞を表現しています。

Haffmans & Neumeister’s collections are built around comprehensive studies into the history of spectacles.
Archetypal and rediscovered forms are reimagined in terms of material, design, and production.
The results are impressive: aesthetic, wearable sheetmetal glasses of simplicity, reduced weight, and phenomenal comfort.
Each pair is an expression of history and compliments the attitudes of today.

MORE

I.ENOMOTO
アイエノモト

デザイナー榎本郁也が手掛けるチタン製シートメタルアイウェアコレクション。
様々な厚みのチタンプレートを立体的に加工して造形美を追求しています。
シンプルなラインがもたらす時代を越えた普遍性、チタンによる物理的な強度や掛け心地の良さといったクオリティ。
直に触れていただくとブランドの意志が明確に伝わるコレクションとなっています。

Ikuya Enomoto has started a private eyewear collection all made by Titanium.
Using various thickness, molding the material three-dimensionally affords a kind of formative art.
You can feel the timeless design composed by minimal lines, and the quality of titanium’s physical strength, comfortable lightness by touching them directly.

MORE

ic!berlin
アイシーベルリン

ネジ無し、溶接なし。
0.5mmのステンレスシートで構成されているため、羽のように軽量。特殊構造のヒンジは組み立てる際に工具を必要としません。既存の価値観を覆してきたアイシーベルリンはドイツが生んだシートメタルのパイオニアです。

No screws and no welding.
Light as a feather, with its 0.5mm stainless sheet body.The specially structured hinges don’t require any tool for assembly.The German maker, ic!berlin is a pioneer of sheetmetal, having been overturning the conventional sense of values.

MORE

illesteva
イレスティーバ

2010年に誕生したイレスティーバはシンプルでモダンなデザインをSOHOのスタジオより発信しています。
デザインのヒントはニューヨークのストリートに、インスピレーションの源は世界中に。

Designing a pair of Illesteva glasses happens in-house at our SoHo Studio.
Taking cues from downtown New York and inspiration from around the world, our styles are a direct product of our endlessly fascinating surroundings.

JACQUES MARIE MAGE
ジャック マリー マージュ

ジェローム・マージュはロスにスタジオを構え、審美眼と巧みな表現力でベルエポック、アールデコ、アメリカンフォークからの影響を伺わせる小ロット限定生産のコレクションを発表しているデザイナーです。

Jerome Mage is known for his keen eye and sartorial flair, based on L.A. Mage’s latest venture, Jacques Marie Mage (J.M.M.), is a small-batch, limited-edition eyewear collection that reflects the designer’s matured vision and refined aesthetic vocabulary, one that boldly reconfigures influences ranging from Art Deco to American Folk to La Belle Époque.

MORE

JULIUS TART OPTICAL ENTERPRISE
ジュリアス タート オプティカル エンタープライズ

創立者ジュリアス・タートの意思を継ぎつつ、残された膨大な資料を元にTART社のモデル群が日本の職人たちの手によってリアルに復元されていきます。
TARTは現代に甦り、完結したかに思えたストーリーのその先を私たちは見ることが許されたのです。

Succeeding the great work of the founder, Julius Tart, and based on the enormous materials left, Japanese craftsmen have been working on the realistic recovery of the TART models. TART has come back to the present and now we’ve been allowed to see the next story that was once recognized to have ended.

MORE

NATIVE SONS
ネイティブサンズ

ネイティブサンズはジュリアスタートオプティカルやサヴァージュ、シェイディーキャラクターの製造元でもあるthe LIGHT Co.Ltdの代表タミー・オガラ氏がデザイナーとして最初に手掛けたブランドです。
ハンドドローイングで描かれ、日本の職人の手によって具現化される彼らのアイウェアは紋切り型でない作り手たちの工業デザインに対する穏やかな反骨心を見事に表しています。

NATIVE SONS is also the manufacturer of JULIUS TART OPTICAL, SAVAUGE, and SHADY CHARACTER. The brand was first created by Tommy Ogara, president of the LIGHT Co. Refusing stereotype, their designs, hand-drawn and materialized by Japanese craftsmen, splendidly represent a calm spirit of defiance to industrialized products.

MORE

RVS

イスタンブールにてデザイナーヴィダルが幼少時に感銘を受けたのは流行りの玩具ではなくペルソール社のフォールディングサングラスでした。
彼がアイウェアコレクターとしての道を歩むその先にオリジナルブランドの立ち上げという結果が待っていたのは必然だったのです。

The brand was launched in 2006 in Istanbul, Turkey, by its designer Vidal Erkohen.
When he was a little boy, it was not ordinary toys that fascinated him but a pair of folding sunglasses by an Italian maker, Persol.
As a devoted eyewear collector, it was inevitable for him to establish his own brand.

SAUVAGE

日本とフランスの長きに渡る美術、工芸、ファッション、食といった文化交流の先にこのワンランク上のアイウェアは誕生しました。
すべてを投げうった果てに待つ人生の崖っ淵を経験した者は才能というギフトを授かります。
崖へと誘うサヴァージュの魅力には注意が必要です。

Over decades, cultural exchange between France and Japan in arts, crafts, fashion and food, we have taken the mix to a new level with eyewear.
The ability to let go and experience the edge of life is a gift.
Beware SAUVAGE is nothing less than an addiction to edge.

MORE

SHADY CHARACTER
シェイディーキャラクター

シェイディーキャラクターはかの”TartOptic社”に製造を依頼する形で70年代にマンハッタンでスタートしました。
2018年、アイウェアブランドネイティブサンズを手掛けるタミー・オガラ、ザ・ブラック・キーズのビジュアルを手掛けるマイケル・カーニーという異色のデザインチームで再始動しています。

Shady Character originally started in Manhattan in the 70s, consigning the production to the noted “TartOptic”.
In 2018, the brand was revived by a unique artist team: Tommy O’Gara, the designer of Native Sons as the brand director and Michael Carney, the artist of The Black Keys as the design director.

MORE

SO▲YA VERTICAL CONNECTION
ソヤ ヴァーティカル コネクション

創造性、美しさ、直感という3つの要素で構成されたイタリアのアイウェアブランド。デザイナーのマッテオポンテッロは様々なハイブランドのアイウェアデザインを手掛けた後、満を持してこのプライベートコレクションをスタートさせました。
SOとYAの間に配された三角形はあなたのマインドを外界に投影するプリズムを表しています。

SO▲YA VERTICAL CONNECTION is an Italian eyewear brand that was born from the creative inspiration of the eyewear designer Matteo Pontello. The triangle centered between SO and YA symbolizes the connection that allows you to receive ideas and reflect it to the outside world.
The pay off “vertical connection” represents creativity, beauty and intuition, key elements of Soya.

THIERRY LASRY
ティエリー ラスリー

フランス人デザイナー、ティエリーラスリーはオプティシャンを父に、アイウェアデザイナーを母に持ち、極めて高い創作環境の中で育ちました。
彼は自身の名を冠したサングラスラインを2006年後半に展開し始めます。
フューチャリスティックヴィンテージをコンセプトに掲げ、"驚くべき創造的時代"と本人が位置づける80年代を主としたヴィンテージから得るインスピレーションを、モダンで前衛的なタッチと融合させます。
イタリア、マツケリー社のアセテート生地を採用したフロントは特徴的なフラットデザイン。
その生産工程はサングラスというよりもまるで彫刻作品を作っているようだと言われています。
そして、ORGASMY, SLUTTY, SEXXXY …というようにすべての品番はデザイナーの姓名と同じように”Y”で終わるよう名付けられています。
彼の生みの親としての愛情とユーモアが伝わるエピソードです。

French designer, Thierry Lasry, grew up in a highly creative environment with an optician as his father and an eyewear designer as his mother. He started to develop a line of sunglasses featuring his own name in late 2006. “Futuristic Vintage” as the brand concept, he has fused a modern, avant-garde touch and the inspiration from the vintage models in the 80s that he regards as “incredibly creative period”.
The sunglasses are all flat-fronted made of acetate. They only use the material manufactured by an Italian company, Mazzuchelli. Their manufacturing process is more like creating sculptures than regular sunglasses making.

MORE