NEWS RELEASES

2018.08.04
EYEVANという世界を変えたブランド

EYEVAN(アイヴァン)とは

1972年に“着るメガネ”をコンセプトに日本でスタートしたEYEVANは80年代にアメリカでブレイクし、一大ムーブメントとしてありとあらゆる誌面を飾り、ファッションとしてのアイウェアという価値観の定着に貢献しました。

EYEVANを着用するマドンナ
EYEVANを着用するマドンナ

そのきっかけとなったのが1985年アナハイムで開催された展示会でのOLIVER PEOPLES(オリバーピープルズ)との出会いです。
当時、まだオリジナルブランドを持っていなかった彼らはロサンゼルスにショップを構えるにあたり方向性を模索していたところ、EYEVANを目にしてその精密な作りに感銘を受けます。
EYEVANをショップで展開したところ、場所柄ハリウッドの関係者やセレブリティたちがこぞってEYEVANを買っていきました。
彼らインフルエンサーがEYEVANの評判を大きく世に広めたのです。

一方で、EYEVANとメガネの製造、販売ライセンス契約を締結したOLIVER PEOPLESはEYEVANを原型としたオリジナルコレクションをスタートさせています。
同社のアイコニックなモデルOP-505はメタルブリッジのボストン型コンビネーションアイウェアの良作ですが、品番からEYEVAN0505がベースになっている名残を感じることができます。

2003年にブランドを休止していたEYEVANですが、満を持しての復活になります。
生産を手がけるのはもちろん当初からブランドを支えてきた今や世界に名だたる福井県鯖江市のメガネ職人たちです。
当時の人気モデルを忠実に復刻したE-0505やE-0501など新たな門出を象徴するに相応しいカプセルコレクションの登場です。

E-0505
E-0505
E-0501
E-0501

今後の展開も目が離せないブランドになることは間違いありません。